マルウェアの解説

お使いのMacや皆さんの生活に被害を与えるコンピュータ用のコードやプログラムを総称してマルウェアと呼んでいます。たちが悪く、普通は簡単に見つけることができません。

マルウェアにはいくつかの種類がありますが、種類ごとに動作が異なります。また、こうした悪意のあるコードの作者にも個性があるように、それぞれ攻撃の方法や内容も異なります。

ウイルス

コンピュータのウイルスは、人間でいうところの風邪のようなものです。簡単に感染しますが、多くの場合で正確な診断を下すことは困難です。マルウェアを何でもかんでも“ウイルス”と呼ぶ人たちがいますが、それは間違いです。実際のウイルスは、感染したファイルやアプリケーションをユーザが開くことで拡散するサイズの小さい実行プログラムです。Mac OS Xに感染するウイルスも数は少ないですが見つかっています。また、Windowsを標的にするウイルスであっても、Macユーザが感染ファイルを中継することでWindowsユーザに拡散させてしまうことがあります。

トロイの木馬

トロイの木馬は、一緒に楽しくルームシェアしていたはずの相手が、豹変して家賃を払わなくなり、冷蔵庫の中の食べ物を勝手に食い散らかし、洋服を脱ぎ散らかすようなものです。役に立つ振りをして近づいて来ますが、実際には危険なコードを隠し持っているのです。Flashback Trojanに代表される、Mac OS Xに被害を与えるいくつかのトロイの木馬が存在します。

ワーム

ワームは、壁の断熱材の中をこそこそと動き回る害虫のようなものです。感染するために別のファイルやプログラムを必要としないので、見つけるのは困難です。ワームはウイルスの一種ですが、ネットワーク越しに感染し、新しい宿主を見つけては悪意のある動作を実行します。

スパイウェア

スパイウェアは、窓から家の中を覗き込んだり、郵便物を漁ったりする不気味な隣人のようなものです。トロイの木馬としてお使いのMacに侵入し、密かにコンピュータの動作を監視したり、ウェブの閲覧傾向や閲覧履歴などの個人情報を集めます。

ボットネット(botnet)

ボットネットは、破壊のためだけに集められたゾンビコンピュータの集団です。お使いのMacがマルウェアに攻撃された結果、このゾンビの集団に無理やり入れられてしまうのです。こうして乗っ取られたコンピュータのネットワークが、迷惑メールの送信や他のコンピュータの攻撃に利用されます。

迷惑メール(スパム)

迷惑メールは、コンピュータの世界のうるさい蚊のようなものです。どこにでも湧いて出て、イライラさせられます。迷惑メールも一通だけなら簡単に対応できますが、大量に届くと受信メールボックスに溢れかえり、生産性を著しく低下させることがあります。

エクスプロイト

エクスプロイトは、あなたが弱みを見せるとそこを即座に突いてくる学校のいじめみたいなものです。バグやミス、脆弱性を利用してお使いのMacのセキュリティを突破するソフトウェアやデータの集まり、あるいは一連のコマンドです。